忍者ブログ

人生とは切り口を見いだすことである。 すなわち意味を探す旅だ。 間違う事だってある。 それでも自分で物事を切り取り、判断し、進んでいかないと行けない。 人生を振り返るとそこにあるのは独自に切り開いて来た、その跡なんだろうと思う。 恥じず、めげず、果敢に物事を見いだしていきたい。
2017
前の月へ 08 : 123456789101112131415161718192021222324252627282930 : 10 次の月へ
16  14  15  13  12  11  10  9  8  7  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 多目的RSに関する先日降りて来た考察に関する覚え書き。

多目的RSは様々な業種に対応可能であり複合的な活動が行われるため、言わば活動のコンビニ空間のようであるが、コンビニとは本質的に利用方法が異なる。コンビニならば食品や各種買い回り品が買えたり、カフェならば飲み物が飲めたり、休憩できたりといったサービス内容が予測可能であるが、多目的RSはその名の通り多目的利用が可能であるためにその利用方法は利用者側に委ねられており自由である。サービス内容が予測可能なお店であれば、そのサービスが欲しい丁度その時点で最寄りにある場所を探せば良いが、多目的RSはむしろその場所性に強い意味が発生する。その理由を以下に示す。


 

1.
 
 
nakano f]の利用者は大きく二つに分けられる。中野の地域が持つテーマ性に惹かれて集合する人々と、利便性の高い立地性に惹かれて集合する人々である( 6-1)。中野と言えばグルメやお笑い、音楽、フィギュアなどサブカルチャーが集結する活気あふれる人気の街である。[1.nakano f]の利用者にはお笑いライブや、演劇、展示会などを行う人々がおり、彼らはその活動をサブカルチャーの結集する街、中野で行うことに価値を置いていると考えられる。つまり中野を意図的に選択し、中野でなければならない理由を持っている。しかしその一方で、手芸教室やバザーなど地縁関係の活動やオフ会パーティやハロウィン、コスプレパーティなどの利用で中野を選ぶ人々がいる。地縁関係者は当然周辺地域で一番利用しやすい場所として当施設を利用しているものと考えられるが、選択縁関係者は東京都の中央線沿いで交通利便性が高い中野のポテンシャルに惹かれ、東京各地に散らばる友人の結節地として中野を選択していると考えられる。つまり活動自体は中野である必要がないものの、利用者の交通利便性的に好立地である中野を選択していると考えられる。利用度が比較的低い他の事例においては少し交通利便的な立地性に欠けることからも指摘できる。

このことから多目的RSが高頻度で利用されるための成立要因としては二つのことが考察される。一つは強いテーマ性を帯びた地域であるということ、もう一つは交通利便性の高い地域であるということである。そしてそれらの地域に立地させることが事業性の向上には必要であると考察される。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ | [PR]

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブクログ、ツイッター

最新コメント
[01/07 上垣内伸一]
[10/30 猫灰だらけ]
[10/06 ben]
[05/16 KICK]
[03/12 KICK]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Okamoto Atsuyoshi
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/12/23
職業:
developer
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
忍者アナライズ