忍者ブログ

人生とは切り口を見いだすことである。 すなわち意味を探す旅だ。 間違う事だってある。 それでも自分で物事を切り取り、判断し、進んでいかないと行けない。 人生を振り返るとそこにあるのは独自に切り開いて来た、その跡なんだろうと思う。 恥じず、めげず、果敢に物事を見いだしていきたい。
2017
前の月へ 11 : 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 : 01 次の月へ
17  16  14  15  13  12  11  10  9  8  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

grid_tonya-mon.gif
Title:

問屋門[Tonya-mon]

Site:東京都中央区東日本橋
Year:2005



Main Theme:
問屋街の再活性化、地域特有のカタチ




ジャンル:設計/コンペ/グラフィック/プロダクト/展示会/出版物/企画・構想/ワークショップ
スケール:0.5㎡⇔1㎡⇔100㎡⇔500㎡⇔1000㎡⇔0.5ha⇔1ha⇔5ha⇔100ha⇔Japan⇔Outside

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈 コンセプト〉
ここは東京都中央区東日本橋。日本一の繊維問屋として栄えた場所である。現在でもなお営業を続け活気はあるものの、物流の変化によって、かつての活気は失われつつある。全体的な老朽化も著しく目立つ。東日本橋駅を降り立つとそこには問屋街を示すゲートがあるが、ビルとビルの間に埋もれ存在感は薄れ、今の現状を表した様に静かに物悲しく見えた。そこで、私はこの問屋街のシンボルゲートとして、主に扱う繊維をコンセプトにした新しい問屋街の門を提案する。主となる鉄骨像のアーチの隙間に編み込んだ網(三原組織(さんげんそしき)と呼ばれる織物の基本型、平織り、綾織り、しゅす織りを使用)によって面を形成する。軽い印象の新たな門は風や光によって表情を変え、問屋街に新しい活力を導くゲートとなる。


【before】
gate_before.jpg

【after】
gate_after.jpg
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ | [PR]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブクログ、ツイッター

最新コメント
[01/07 上垣内伸一]
[10/30 猫灰だらけ]
[10/06 ben]
[05/16 KICK]
[03/12 KICK]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Okamoto Atsuyoshi
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/12/23
職業:
developer
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
忍者アナライズ