忍者ブログ

人生とは切り口を見いだすことである。 すなわち意味を探す旅だ。 間違う事だってある。 それでも自分で物事を切り取り、判断し、進んでいかないと行けない。 人生を振り返るとそこにあるのは独自に切り開いて来た、その跡なんだろうと思う。 恥じず、めげず、果敢に物事を見いだしていきたい。
2017
前の月へ 11 : 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 : 01 次の月へ
61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 なんで自分は色んな人と話をして、聞いてを、繰返したいのかな、と考えていたんだけど。

どうやら、自分が自信を持つための行為であり、
一部、臆病さから来ていたものかもしれないと思った。



人の中には、絶対の自信を持っている人がいるのかもしれない。
人のことをとやかく思わず、自分がこう思ってるからこうなんだと。
「絶対」という言葉を何の気なしに、結構軽々と言う人もいるのかもしれない。


自分はそうではなくて。


育って来た背景からも考えられるんだけど。
転勤、転校を繰返す中で、色々な人が居ることや、
色んな価値観が存在していることがわかってきて。

それがきっかけで、「自分は今までなんて、世界の狭いところを見ていたんだろう」
「井の中の蛙って、こういうことか」と、想いっきり凹んで考え込んでしまったことがあった。

そんな経験をしてからか、自信というものを持つ方法を一時期忘れた。
そして、絶対なんて言葉って、人の価値観レベルにおいて、あまりないのかもと思うようになった。
共通する本質なんて、ちっぽけなもんなんではないかと。


でも、そっから。
自信はないけれど、自分が素直に考えることには嘘がつけないことに気づき。
その考えを一つ一つ検証するようになった。


人と話をする中で、自分が素直に考えつきやすいことを、一つ一つ確かめるようになり。
どこが、どのように違うかを検証するようになり。

それを2、3度繰返して、自分自身は素直な感情部分において、
「こういう風に考えがちな人間」なんだと客観視するようになり。


それの繰り返しを経て、曲がらない意志と、自信を持った考え方を主張するようになっている。


今日、また色んな人の意見を聞いて、考えて。そんなことを思いました。

自分では良いんだと思うんだよな、このバランス感覚。
どこかしら臆病でないと、リスクを考えることも出来ないし、正確な判断をすることも出来ないはずだから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ | [PR]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブクログ、ツイッター

最新コメント
[01/07 上垣内伸一]
[10/30 猫灰だらけ]
[10/06 ben]
[05/16 KICK]
[03/12 KICK]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Okamoto Atsuyoshi
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1983/12/23
職業:
developer
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
忍者アナライズ